\ 歴史・自然 /

大通寺山の盃井戸

sizen_daituji

長篠城跡の北端に接した大通寺山には、盃井と呼ばれる泉があり、
長篠の戦いの時、武田方の馬場信房・山県昌景・土屋昌次がこの泉を汲み、別れの水杯を交わしたと言われています。

名称 大通寺山の盃井戸 (だいつうじやまのさかずきいど)
住所 新城市長篠字市場51
HP http://www.okuminavi.jp/search/detail.php?id=634
その他

Pocket