新城ラリー

新城ラリーとは

本場ヨーロッパではF1レースをも凌ぐ人気というモータースポーツ「ラリー」。
その日本最大級の大会が、新城市で毎年開催されています。
北海道から九州まで全国で開催される選手権ですが、この新城ラリーは最大の観客動員数を誇るビッグイベントです。

モータースポーツファン以外も楽しめる様々なイベントを擁した“フェスティバル“としてファミリーやカップルが多く訪れるのが、その大きな理由でしょう。
ラリーをまったく知らなかった人たちにもラリーを楽しく観戦してもらいたいという願いからギャラリーステージの無料開放や華やかなラリーショーなどのイベントに力を入れています。
本格的なラリーファンに加え、観光客も満足させる内容の濃さがヨーロッパのラリー大会と遜色ないと評価され、国内のトップレーサーたちも毎年参加します。
F1のようにサーキットで一斉にスタートして順位を競う”レース“とは違い、”ラリー“は1台ずつスタートして公道や林道など指定されたコースを走るタイムレースです。
トヨタ86や三菱ランサーなどの市販の乗用車をラリー仕様に改造して行われるのが魅力です。
ラリーではスペシャルステージ=SSと呼ばれるタイムアタック区間がいくつも設けられており、その積算タイムで勝敗が決まります。林道コースなどをパワー全開で疾走する様子は迫力満点です。新城ラリーではメイン会場である県営新城総合公園に加えて、作手の鬼久保ふれあい広場にもSSが設定されています。

全日本ラリー選手権はラリー競技の国内最高峰!

14980815_933911610046359_6683530955499547119_n
全日本ラリー選手権は、日本自動車連盟(JAF)登録クラブ・団体が主催する国内格式のラリー競技です。1980年以来、40年以上にわたって開催されています。
2006年には運営規則も一新され、全日本選手権のすべてが競技区間“スペシャルステージ”での速さを競う「SSラリー」へと変わりました。出場するにはドライバー/コ・ドライバーともJAFの競技ライセンス(国内B級ライセンス以上)が必要となります。

SSとSSの間は一般公道を移動、ドライバーとふれあえる場面も

img_2571
SSとSSをつなぐ区間はリエゾン(ロードセクション)と呼ばれ、ラリーカーは一般車と一緒に交通規制を守って移動しなければなりません。自分の車で観戦している場合には、移動中のラリーカーとすれ違ったり、手を振ってくれることもあります。こうしたふれあいもラリーの醍醐味と言えるでしょう。
また、その土地ならではの風景を見つけることができれば、歩道からのシャッターチャンスも広がります。ただし、撮影に集中しすぎて車道に出たり、地域の方々の迷惑や他の交通の妨げとなるような行為は危険なので、くれぐれも慎んでください。

ラリーはふたりひと組で参加するモータースポーツです!

14732403_1177786822310229_8167504035798097085_nラリーはふたりひと組で参加するモータースポーツです。コ・ドライバーとは日本語でいうところの「共同運転者」。ドライバーはコ・ドライバーの読み上げるペースノートにしたがってスペシャルステージを全開で駆け抜けます。ペースノートは主催者によって認められたコースの事前試走(レッキ)で作成し、コーナーの曲率や道の上り下り、滑りやすい部分や注意ポイントなどの情報が書き込まれています。
また、ドライバーのメンタル管理やスケジュールの管理などを行うなど、欠かせない存在と言えます。コ・ドライバーはドライバーと交替してステアリングを握ることもできます。

奥三河のグルメを体験!

地域の特産物や名物ぐるめがずらりと並ぶ飲食ブース、サブステージでは奥三河の特産品が当たる抽選会などを開催

デモラン同乗体験を満喫!

新城ラリーオリジナルタオルを購入して、同乗体験をしよう!臨場感をあじわうチャンス!(同乗体験は中止になる場合があります。)

enjoy_rally

イベント名 新城ラリー2021
開催日 3月19日金曜日、20日土曜日、21日日曜日
開催場所 新城総合広場 鬼久保ふれあい広場
ホームページ http://www.shinshiro-rally.jp

 

 

 

Pocket