\ 歴史・自然 /

石雲寺の節分草

新城市名号(みょうごう)の節分草を見に行きました。やはり節分草という名前だけあって2月20日金曜日では見頃は過ぎていましたが、可憐な小さな花を数輪見ることができました。

次から次へと節分草を見学に来訪者が絶えませんでした。

ほとんどが咲終わっているようでした。

節分草の見頃は終わりましたが、梅はこれから見頃を迎えます。

名号の梅としし岩

新城市の梅は食用に栽培しており、市内各所で梅の花を楽しむ事ができます。

観光用の梅園ではなく、出荷や食用に栽培されています。梅畑に入らないように、鑑賞しましょう。

Pocket